前へ
次へ

珍しいというわけではない医療機関の受診

子どもでもがんに罹患をします。
がんというとどうしても大人の病というイメージがあるでしょう。
しかし子どもでもがんに罹患をして、厳しい治療を受けなければいけない、ということがあります。
子どもの脳腫瘍は余命宣告されることが多いです。
子どもの脳腫瘍を専門に扱っている医療機関もありますが、全国に広がっているわけではありません。
遠方まで入院をするために引越しをするという家族もいるくらいです。
完治をすることが難しい子どもの脳腫瘍には家族とゆっくり過ごすことができる空間が必要になります。
医療機関の中には家族で過ごすことができる施設を完備しているところもあります。
完治を見込むことができないのであれば、時間を有意義に使うことを考えたほうがいいのかもしれません。
脳腫瘍以外にも子どもでも罹患をするがんはあるので、早期発見ができるように異変を感じたらすぐにでも規模の大きな医療機関を受診したほうがいいのかもしれません。

Page Top