前へ
次へ

禁煙治療を医療の手を借りて行う

2020年から飲食店では原則禁煙化が決定しているようです。
もちろん、医療においても禁煙推進・推奨する医師の存在もあり、頼もしい限りです。
健康障害に関する情報提供もネットや情報誌などから拡散され、治療法も見直され、よりツラくない禁煙外来の期待が膨らんでいます。
もちろん、きっぱり止められるワケではないので、加熱式タバコから徐々に手持ち無沙汰をなくす意識改革も「アリ」という医師も少なからずいるようです。
しかし、やはり害は害、禁煙治療を考えるのであれば、実績のあるクリニックを利用して欲しいと思います。
決意表明しても依存性のあるものならば、意志の弱さとは異なります。
タバコならニコチンが原因です。
もちろん、医療費問題も気になるところ、保険適応でき、大概、3ヶ月の通院で補助薬を使うのが治療の大まかな流れで、約2万円の治療費の負担で禁煙治療できます。
保険適応となる条件というのは、ニコチン依存症の判定テストで規定数値以上である患者、1日の平均喫煙本数と喫煙年数を掛けた値が200以上が条件ですが、止めたい、その気持ちが最優先されています。

Page Top