前へ
次へ

抗がん剤の種類を知って医療知識を高める

がんを発症するとまずは治療方法を考える必要があります。
人によっては何もしなくても自己治癒力で治る人もいるらしいですが、治療が行える状態であれば外科手術なり抗がん剤を利用するなりの医療的措置を取った方が良いでしょう。
外科手術ができないくらい大きかったり全身に広がっているとき、その他術後の転移を防ぐ医療措置として抗がん剤を投与することがあります。
一般的には髪の毛が抜けるなど副作用が強いイメージがあるかもしれません。
抗がん剤にはいくつかの種類があり、これまでは殺細胞薬タイプが主に使われていました。
がん細胞をやっつけてくれるもののその他の正常な細胞も殺してしまうため副作用が出やすくなります。
体力を奪うこともあるので注意して使わなければいけません。
新しいタイプとして分子標的薬があり、こちらはがん細胞を狙って攻撃するタイプになります。
従来の殺細胞薬に比べると副作用が少ないメリットがありますが、対応できる薬が少なくこれからもっと増えてくるのを期待しなければいけません。

Page Top